ウイルスと唇を気にする女性

未分類

  • 性病への感染が原因でHIVへの感染率も上昇

    HIVという言葉が広く知られるようになってから月日は経過していますが、今でも「絶対に治らない、不治の病」というイメージが持たれています。 実際は医療の進歩により、薬でコントロールする事で健康な人と同じように生活が出来たり、HIV感染者の平均寿命も随分と延びてきました。 ただHIVは突然変異しやすいウイルスなので完全に除去出来ず、治療はエイズを発症させない事が目的となります。 そもそもHIVの感染経路は避妊具を使わない性行為、輸血や薬物のまわし打ちによる注射器具の共有、母親から赤ちゃんへの母子感染に限られています。 これらが原因になってHIVに感染した際は、不安行為から2週間後ぐらいして初期症状が出ます。 発熱や喉の痛み、リンパ節肥大など風邪のような症状ですが、感染者全員に初期症状が現れる訳ではありません。 また症状が出た人も風邪だと思い込む事が多く、発熱なども自然に引いていくのでこの時点で感染に気付く人は少ないです。 初期症状が出る時期が過ぎると、ウイルスの増殖と免疫の戦いがほとんど無くなる無症候期に入ります。 期間は個人差があり、数年の人もいれば10年以上続く人もいます。 症状が無いといってもHIVは体の中で増殖し続けており、免疫に大切な細胞は減っていきます。 その結果、普通の健康状態ではかからない様々な病気になりやすく、最終的にエイズの発症となります。 エイズ発症の目安とされる23種類の病気を発症した時にエイズと診断されます。 この時点で治療を受けないと約2年で死亡すると考えられています。 治療は3~4剤の抗HIV薬を組み合わせて内服する抗ウイルス療法が主流となってきており、感染者の予後は飛躍的に改善していきます。 ただしHIVを体内から完全に排除できる薬はなく、治療を開始すると一生飲み続けなければいけません。 さらに飲み忘れるとウイルスが耐性を獲得してしまうため、薬が効かなくなってしまうので注意が必要です。 HIVを予防するには避妊具の使用が必須 エイズ患者の中には病気を発症してからHIVに感染している事に気付く人も多いです。 もちろんエイズを発症してからでも治療を受ければある程度の効果はありますが、発症前と比較すると明らかに劣ります。 無症候期の間に感染している事がわかれば最適な時期に治療を始めることが出来るため、早期発見が何より大切です。 HIV感染の確認は検査を受けるしかありません。 検査は保健所や病院、通販で取り寄せる検査キットなどで受ける方法があり、それぞれメリットやデメリットがあります。 保健所は無料で受けられますが検査日が決まっている事、病院は好きなタイミングで検査出来ますが費用が高い事、検査キットは人に顔を見られず気軽に受けられますが、もし陽性反応が出た時は一人で事実を受け止めなければいけません。 そして検査を積極的に受ける事とともに大切なのが、セックスの際には必ず避妊具を装着しておく事です。 HIVに限らず性病のほとんどは避妊具無しのセックスが原因です。 もし何らかの性病に感染している時にHIV感染者とセックスをした場合、性病によって性器などが炎症を起こしている状態なので健康な時よりも感染リスクは高くなります。 特に問題が深刻なのが、男性同士のセックスによる感染です。 男女間のセックスは妊娠しないように避妊具を使うカップルが多いですが、男性同士場合は妊娠の心配はありません。 そのため避妊具無しでセックスをする機会が多くなり、男性同性愛者のHIV感染者が急増しています。 避妊具は避妊目的だけではなく、HIVを含めた性病全般から自分の体を守るために使わなければいけません。 装着はセックスの最初から、口腔粘膜から感染の危険性もあるためオーラルセックスの際にも使うようにします。

  • トリコモナス膣炎の症状や原因、治療について

    トリコモナス膣炎はトリコモナス原虫が感染することによって炎症を引き起こす性感染症です。 トリコモナス原虫が膣内の健康を保つ働きをしている常在菌を弱らせてしまい、環境を変化させてしまうことで炎症症状があらわれるようになります。 つまり、トリコモナス膣炎の原因はトリコモナス原虫です。 トリコモナス原虫を殺虫することで治療を行うことが一般的です。 トリコモナス原虫は男性にも感染する性感染症ですが、圧倒的に女性の方が症状がはっきりと強く出ることが特徴です。 代表的な症状としては、感染すると性器に違和感を感じたりオリモノに異常がみられたりといった症状が出ます。 ただし、自覚症状が無いことも多いことに注意が必要です。 20%~50%程度の女性に自覚症状があらわれないと考えられています。 症状がある場合、特徴的なおりものが出るようになります。 おりものの悪臭が強くなり、泡状のおりものが出るようになります。 色は褐色又は黄緑色、白く濁ったおりものが出ます。 おりもの量そのものも増加する傾向があります。 トリコモナス症の主な感染経路は性行為です。 ただし、他の性感染症とは異なり、トリコモナス原虫は性行為がなくとも感染する可能性があります。 トリコモナス原虫は水分のあるところであれば一定期間生存することができることから、感染者が使ったタオル、浴槽の椅子などを使用すると感染する場合もあります。 トリコモナス原虫が原因でることから、その原因を取り除くことが治療となります。 女性の場合自然治癒はほとんど望めないことから、一刻もはやく治療を開始する必要があります。 できるだけ早く治療を行わないと不妊や早産・流産の可能性もあるため注意が必要です。 治療には口から服用する経口剤が用いられますが、症状がひどい場合には膣に直接薬剤を挿入して治療する場合もあります。 薬の服用によって症状が改善されても、トリコモナス原虫がまだ膣内に存在する可能性があることから、決められた服用期間をきちんと守ることが大切です。 エンペシド膣錠の正しい使い方について エンペシド膣錠は、水分によってすみやかに発泡しながら崩壊する錠剤です。 発泡剤であることから、膣内に有効成分が効果的に広がり、薬剤の効果が効率的に広がります。 油脂性の成分が使用されていないことから、夏場でも溶けにくいことが特徴です。 膣内の水分によって発泡しながらクロトリマゾールという成分が行きわたり、膣内を殺菌する作用があります。 成人であれば1日1回、一錠を膣深部に挿入することで使用します。6日間毎日続けて使用することが大切です。 膣錠であるため、経口摂取ではなく、膣深部に挿入することによって使用します。 用法用量を守って正しい使い方をすることが重要となります。 途中で症状が消えても継続して6日間使用します。 ただし、3日間使用しても症状が改善されないような場合、6日間使用しても症状が消失しない場合には、医師に相談し適切な治療を受けるようにする必要があります。 エンペシド膣錠はできれば就寝前に使用すると良いです。 膣の中で液状となることから、動いていると外に成分が漏れてしまう可能性があります。 エンペシド膣錠は妊娠中は使うことができないため注意が必要です。 エンペシド膣錠に含まれている有効成分が妊婦に対して安全性が未確立であることから妊娠中にはエンペシド膣錠を使うことはできません。 また、妊娠中だけではなく、生理中にも使うことはできません。 生理中は衛生上よくないため、挿入しても薬剤が血液とともに流れてしまうからです。 生理中はエンペシド膣錠の効果を十分に得られない可能性があることからエンペシド膣錠の使用を控える必要があります。 誤った使い方をすると副作用や思いもよらない事故が生じる可能性もあるため十分注意が必要です。

  • 感染者数が多い性病、「クラミジア」について

    クラミジアは、感染者数が多い性病で男女別に症状が異なります。 男性は、数日の間に尿道炎が起こります。 そして、排尿時刺激症状が生じておしっこをする時に痛みを伴います。 膿は透明から乳白色で粘り気がないという特徴があります。 そのまま一週間以上放置しておくと、クラミジアが尿道の奥へと移動していき前立腺や精巣にまで菌が進んでしまい副睾丸炎になってしまします。 一方、女性はまずはじめに子宮頸管部粘膜という子宮の入り口に感染しますが痛みを感じません。 しかし、膣内の抵抗力は下がり他の病原菌が進入しやすくなります。 その結果、膣炎になり性器のかゆみや汚いおりもの、悪臭が生じ性交痛もあるといわれています。 女性も男性と同様に、初期に治療をしないとクラミジアは身体の奥へ侵入していきますので、子宮内膜炎や卵管炎、腹膜炎と症状が悪化してしまいます。 このように、クラミジアに感染したまま治療を受けずにいると、パートナーに菌を移してしまうだけではなく、その他の性感染症にかかるリスクを増大してしまう恐れもあります。 また、自然に治癒することはありませんので感染予防を行い早期治療をこころがけることがとても大切です。 クラミジアの治療には、医薬品の個人輸入を代行しているサイトを介して通販感覚で購入できるジスロマックとクラビットが使用されています。 これらの薬はどちらも性器クラミジアの代表的な疾患に効果的ですが、ジスロマックの方が妊娠の可能性がある女性に対する安全性が高いという理由でよく使われています。 また、服用方法に違いがあります。 クラビットは1日1回を7日間にわたり飲み続ける必要があるのに対して、ジスロマックは1000mgを1回だけ服用します。 主な副作用は、下痢をはじめ腹痛やおう吐の消化器系に症状があらわれる場合があります。 さらに、肝機能の検査値が増加したり、白血球の減少や頭痛やめまいといった神経系の副作用も報告されています。 クラミジア治療薬の紹介とその通販について クラミジアの治療には主に2種類の治療薬が使用されます。 ジスロマック ジスロマックは内服型の抗生物質で、クラミジアの治療に最も使用されています。 治療期間は服用して完治するまでに約1ヶ月程度かかります。 症状の進行具合により異なりますが、ジスロマックを服用するとクラミジア治療はそれほど難しいものではありません。 服用方法は1回飲むだけで効果が現れてきます。 3週間程経過して再発の症状がなければ治療完了になります。 クラビット クラビットもジスロマック同様、高い人気があります。 抗菌作用はそれほど強いわけではないですが、副作用が少ないので安全性が高く安心できます。 性病の原因となる病原体の増殖を抑えるという働きと、細菌を撃退する殺菌作用が期待できます。 ジスロマックと同様で短期間で完治することが可能です。 クラビットは、有効成分が500mg入ったものと250mg入ったものとがあります。 500mgは1日1回で問題ありませんが、250mgは1日2回服用が必要になります。 人により異なりますが、1~2週間服用を続けると大半は完治します。

  • ヘルペス、帯状疱疹、水疱瘡の違いについて

    どちらも原因はヘルペスウィルスへの感染です。 ヘルペスと帯状疱疹はどちらもヘルペスウィルスへの感染が原因となります。 肌の表面に痛みや水ぶくれなどの症状をともなうといった症状も似ているため、混同されがちな二つの症状ですが、実際は様々な違いがあります。 まず、大きな違いはウィルスの種類の違いです。 このウィルスは地球上に160種類あり、そのなかで人に感染するものだけでも8種類あると言われています。 「水痘・帯状疱疹ウィルス」が帯状疱疹を発症させ、ヘルペスの発症は「単純ヘルペスウィルス1型」が上半身に「単純ヘルペスウィルス2型」が下半身に感染させます。 具体的な違いとは 症状の違いは見た目で分かる 帯状疱疹が発症した場合、右半身か左半身のどちらか一方にビリビリとした痛みに加えて、赤い斑点と帯状の形に密集した水ぶくれができます。 これに比べて、口唇や性器などの感染した部分に局所的に発症するのがヘルペスです。 身体の左右の半身に大きな水ぶくれがあるか、身体のどこか一部分に炎症が出来ているかが、この二つの症状を見分ける鍵となります。 しかし、始めてヘルペスに感染した場合などは、症状が大きくなる場合もあり、見た目で自己判断するのは難しくなります。 帯状疱疹の初感染時は水疱瘡として発症 帯状疱疹は初めて感染した際には、水疱瘡として症状が現れます。 この水疱瘡にかかったときに体内に入ったウィルスが再発すると、帯状疱疹として発症します。 子供の頃に水疱瘡にかかれば、もう再発はしないと思われがちですが、このように大人になってから帯状疱疹として発症する可能性は誰にもあります。 大人になってから再発を引き起こす原因は、加齢やストレスや過労等によってウィルスに対抗する免疫力が落ちてしまうことにあります。 後遺症にも違いがある 帯状疱疹を発症した後は、数か月以上に及んで神経痛を帯状疱疹神経痛という後遺症が残る可能性があります。 これは、症状が治った後も神経が傷ついたことで痛みを感じてしまう症状です。 これに対してヘルペスは後遺症が残ることはほとんどありません。 水疱瘡患者からヘルペスに感染することはある? 水疱瘡もヘルペスもウィルスは仲間であるため、混同されることが多い病気です。 ですが水疱瘡は4歳までの子供が掛かる感染症で、ヘルペスとは症状が違います。 この水疱瘡に罹っていると将来的に帯状疱疹になる可能性はありますが、ヘルペスに感染する心配は絶対にありません。 水疱瘡の原因となるのは水痘・帯状疱疹ウィルスに感染することで症状が現れます。 日本では年間100万人が感染するといわれ、冬から初夏までの長い期間に亘ります。 症状は感染初期には身体の中心部(お腹の周辺など)に、小さな紅い斑が現れます。 それが最終的には全身へと広がり、水疱となることが特徴です。 一方でヘルペスはヘルペスウィルスが原因となり、身体のどこでも感染します。 帯状疱疹とは違い、感染した部位を中心として局所的に発症します。 このウィルスは2種類あり、主に上半身に症状が見られる単純ヘルペスウィルス1型(HSV-1)と、下半身に症状が見られる2型(HSV-2)に分類されます。 水疱瘡に感染したことがある場合、帯状疱疹を発症する危険があります。 これは水疱瘡として身体に入ったウィルスが、免疫力が低下したときに再発する形で発症します。 帯状疱疹の外見は帯状の密集した水ぶくれが、左右どちらかに現れます。 これはウィルスが末梢神経に潜り込んでいるためで、末梢神経は左右に分かれて広がっているのでどちらかに痛みを伴う発疹が出るのです。 それと違い、ヘルペスの場合ははじめからヘルペスとして症状が現れます。 ヘルペスは感染すると完治することが出来ず、再発を繰り返す病気とされます。 対して帯状疱疹は1度症状が出た後は再発することはありません。 帯状疱疹はヘルペスと違い症状が強くでるので免疫機能が働いて、症状が治まればそれ以後は2度と再発しないのです。

  • カンジダ治療薬の1つといえばラミシール

    真菌が原因となって起きるカンジダの治療薬にはいくつかの種類がありますが、そのうちの一つがラミシールです。 ラミシールはアリルアミン系の抗真菌剤で、主成分はテルビナフィン塩酸塩です。 テルビナフィンは、カンジダの原因となる真菌の細胞膜に作用して、細胞膜を生成する働きを妨げることによって真菌を死滅させます。 ラミシールは、皮膚カンジダ症や口腔カンジダ症、性器カンジダ症などに使用することができます。 また、カンジダ以外にも白癬菌が原因となって起きる水虫や白癬性肉芽腫など、幅広い病気の治療に使われている製品です。 ほかの抗真菌剤に比べると、真菌を死滅させる働きが強く、少ない量で高い効果が得られることが特徴となっています。 ラミシールには、患部に直接塗って使用するクリームや外用液のほかに、スプレータイプの製品もあります。 また、経口で使用する内服タイプの製品もあり、この場合は有効成分が腸から吸収されて身体のなかから抗真菌効果を示します。 治療までにかかる期間は、発症している部位や症状によっても異なりますが、およそ2週間から数ヶ月ほどです。 クリームタイプや外用液の場合、通常は1日1回患部に塗布することで使用します。 カンジダには塗り薬が効果的なので、非常にオススメです。 ただし目に使用することはできないので、誤って目に入れてしまった場合にはすぐに水で洗い流すようにします。 外用薬であるため、副作用が出ることはあまりありません。 まれなケースとしては、発疹や発赤、皮膚のかゆみなどが現れることがあります。 内服タイプの製品の服用方法は、1日1回テルビナフィンとして125ミリグラムのものを食後に飲むこととなっています。 なお、症状や年齢によっては服用する量が増減されることもあります。 また、薬の飲み合わせや飲酒によって副作用が強く出ることもあるので、服用方法や服用量をしっかりと守って使用するようにしてください。 ラミシールの内服薬の副作用としては、胃部不快感や吐き気、腹痛といった胃腸症状が挙げられます。 また、めまいや頭痛などの精神神経症状、発疹やかゆみなどの皮膚症状が出ることもあります。 アレルギーや持病のある人は十分に注意して使用するようにしてください。 ラミシールは通販での購入も可能 ラミシールは医薬品であるため、皮膚科などの病院を受診すれば処方箋を書いてもらうことができます。 処方箋があれば調剤薬局でラミシールを処方してもらうことが可能です。 また、ラミシールを通販で購入するという方法もあります。 ラミシールのクリームと外用液には市販薬があり、指定第2類医薬品となっています。 市販薬に関しては薬局やドラッグストアで購入できるほか、大手の通販サイトなどでも取り扱っているので、比較的入手が簡単です。 また、処方箋も必要ないため誰でも購入することができます。 ラミシールのクリームと外用液の市販薬には、病院で処方されるのと同じく有効成分であるテルビナフィン塩酸塩が1%配合されていて、効果は病院で処方されるものと同様になっています。 製品によっては、かゆみ止めの成分や保湿成分などが配合されているものもあります。 一方の内服タイプのものには、市販薬は存在しません。 そのため、ラミシールの錠剤を通販で購入したいと考えている場合には、個人輸入のサイトを利用することになります。 個人輸入というのは、輸入代行業者を通して海外から薬を個人で輸入するという方法になります。 薬を個人輸入する場合にも、処方箋は必要ありません。 ただし、一回に購入できる量は通常一ヶ月分までとなっています。 インターネット上にある個人輸入のサイトでは、ラミシールの錠剤のほかにクリームや外用液などを取り扱っています。 これらの製品はすべて病院で処方されるものと同じ医療用の医薬品になります。 個人輸入のサイトは、通常の通販サイトと同じように利用することができます。 支払い方法にはクレジットカード払いや銀行振り込みなどを選ぶことができ、注文してから1週間~数週間ほどで自宅に製品が届けられます。 ラミシールを通販で購入したい場合には、個人輸入のサイトも参考にしてみると良いでしょう。

  • 女性がなりやすい病気にカンジダがあります

    女性がなりやすい病気に、カンジダがあります。 カンジダ菌は健康な人の皮膚や粘膜に常にあるのですが、何らかの原因で異常に菌が繁殖してしまう事があります。 その原因として、ホルモンバランスの崩れや、ストレスなどの免疫力の低下が考えられます。 女性は生理があったり、妊娠をしたりでホルモンバランスを崩しやすいです。 ですから、女性の方に多い病気であるのです。 特に膣カンジダがほとんどを占めています。 10代から50代女性では、5人に1人は膣カンジダを経験したことがあるとのデーターもあります。 他の原因としては免疫力の低下が考えられます。 寝不足や疲労といった毎日の生活リズムとの関係が大きいです。 風邪の時も免疫力が低下しているので注意が必要です。 抗生物質の使用により常在菌のバランスを崩してしまう事も考えられます。 また、高温多湿な環境による原因もあります。 夏場の暑い時期やスポーツでの発汗は蒸れやすく高温多湿になりやすいので、カンジダ菌が繁殖しやすくなります。 ガードルなどの着用も締めつけが強く通気性が悪くなり良くありません。 汗をかいたら清潔にする事が大切です。 それとは反対に、洗いすぎてしまったことで、膣内の環境バランスが崩れ菌が繁殖してしまう事もあります。 性行為からうつる可能性もある性病の一つでもあります。 症状としましては、膣や陰部にかゆみがあったり、白色でヨーグルト状やカッテージチーズ状のようなおりものが出ます。 下着につくので分かりやすい目安となる事でしょう。 他にも外陰部の浮腫や発赤、性行為の時に痛みを感じる事もあります。 カンジダ菌は性病ですから、性行為においてパートナーにうつってしまう可能性もあります。 他の方に移さないためにも早く治療をした方がいいです。 そして、厄介な事に病気を経験した方は、1年以内に再発する事が多いです。 疑わしい症状があるのなら、早めの治療をする事をおすすめします。 治療日数は、7日間ほどでよくなります。 カンジダが再発した場合は薬局で薬を購入可能 膣カンジダに初めてなった方は、婦人科や産婦人科で受診を必ずして下さい。 検査で膣内や外陰部の症状を診察します。 おりものの状態もみてもらえます。 そこで初めて膣カンジダであると診断され、お医者さんの指導のもと薬が処方されます。 膣カンジダと似た様な病気もあるので、ご自分で最初から判断するのはやめて下さい。 一度先生の診断のもと薬を処方してもらう事が大切です。 しかし、再発をしてしまった場合は、薬局で薬を購入する事が出来ます。 一度経験してしまうと再発しやすいのがこの病気の特徴です。 一度なっている事から、症状の様子から膣カンジダになっている事は判断しやすいでしょう。 そんな時は、早めに薬局でお薬を購入して治療をして下さい。 薬局での購入が恥ずかしい場合は、今はWEBでも購入可能です。 もしそれでも症状がよくならない場合は、婦人科での診察をおすすめします。 治療の期間も一週間ほどと短く、完治しやすいのですが、再発するのが嫌な所です。 ですから、普段からご自分でも病気にならないように心がける事が大切です。 生活習慣や体調を気にかけるようにしましょう。 ホルモンバランスや免疫力が低下しないように、規則正しい生活を送り体調を整えましょう。 温かく湿った環境を好むので、下着は通気性の良いものを選びましょう。 おりものシートを使用して、下着を湿った状態にしない事や清潔に保つことも大切です。 しかし、洗いすぎは逆効果です。 常在菌のバランスを壊す原因になります。 入浴後は、陰部をしっかり乾かしましょう。 カンジダ菌は腸内に存在していますので、トイレのふき取りの際は前から後ろに拭きましょう。 以上のような生活習慣に気を付けると、再発も防止でき、不快な思いをしなくてすみます。

  • ヘルペスの治療薬と言えばバルトレックス

    バルトレックスは口唇ヘルペスや性器ヘルペスなど、単純ヘルペスウイルスによって起きる感染症を治療する薬です。 また、帯状疱疹や水疱瘡など水痘・帯状疱疹ウィルスによって起きる病気にも使うことができます。 バルトレックスの有効成分はバラシクロビルで、細長い錠剤タイプの薬となっています。 バラシクロビルは、ウィルスに感染した細胞内でウィルスのDNAが伸長するのを妨げる働きを持っています。 そのため、細胞内でのウィルスの成長を止め、ウィルスが原因によって起きている様々な症状の治療を早めます。 ヘルペスウィルスに感染した場合、皮膚や粘膜に水ぶくれなどの症状が現れ、はげしい痛みをともなうこともあります。 バルトレックスはウィルスの増殖を抑える薬なので、症状が現れて間もない初期の段階で使用するとより高い効果が得られます。 通常、服用を開始してから数日程度で症状の改善が見られます。 性器ヘルペスの再発抑制治療に用いる場合には、長期間服用し続けることで予防効果を得ることができます。 バルトレックスの有効成分であるバラシクロビルは、核酸類似体の抗ウィルス薬です。 体内では、同じく抗ウィルス作用を持っているアシクロビルに変換された後で効果を発揮します。 バルトレックスは吸収効率が良いため、アシクロビルよりも少ない回数服用しただけで十分な効き目を得ることができます。 この薬を使用する場合には、通常1日3回に分けて服用するようにします。 腎臓の病気にかかっている人や高齢の人は薬の排泄が遅れるため、服用間隔を十分に空けたほうが良いとされています。 また、持病やアレルギーを持っている人、妊娠中の人などは服用するまえに医師などに相談する必要があります。 薬の飲み合わせによっては、副作用が強く出る場合があります。 痛風の治療薬であるプロベネシド、胃腸薬のシメチジン、免疫抑制薬のモフェチル、喘息の治療薬であるテオフィリンと併用する際には注意が必要です。 副作用はあまりありませんが、まれに下痢や吐き気などの症状が出ることがあります。 皮膚症状や頭痛・めまいなどが起きる人もいます。 バルトレックスは通販で購入しておくと便利 バルトレックスは、個人輸入などの通販を利用して購入することもできます。 個人輸入というのは、医薬品を個人の代理で輸入してくれる会社を通して、海外から薬を購入するという方法です。 この方法であれば、病院で処方箋を書いてもらう必要がないので、誰でも薬を購入することが可能です。 個人輸入を行っている会社はいくつかあり、インターネット上のホームページから薬を注文することができます。 購入方法は一般の通販サイトとほぼ同じやり方となっています。 ほしい薬をクリックして買い物かごに入れれば、決済の手続きに進むことができます。 支払い方法としては、主にクレジットカード払いや銀行振り込みなどが用意されています。 バルトレックスの個人輸入サイトでは、バラシクロビルが500ミリグラム含まれている製品や1000ミリグラム含まれている製品が販売されています。 また、バルトレックスのジェネリックもあります。 販売価格は、500ミリグラム入りのものが1箱42錠入りで4000円程度、1000ミリグラム入りのものが1箱21錠入りで4000円程度となっています。 薬1錠あたりの単価にすると、500ミリグラム入りのもので100円くらい、1000ミリグラム入りのもので200円くらいという計算になります。 また、ジェネリック製品は500ミリグラム入りのものが1箱6錠で約1000円ほどです。 病院でバルトレックスを処方してもらう場合には、通常1~2週間分程度しか処方してもらえませんが、個人輸入による購入であれば1ヶ月分の分量まで注文することができます。 そのため、性器ヘルペスの再発抑制治療などで長期間服用したい場合には、個人輸入をして自宅に薬をストックしておくと便利です。 個人輸入でバルトレックスを購入した場合、注文してから自宅に届くまでにかかる期間は生産国によって異なります。 通常は1週間から数週間程度で自宅に届けてもらうことができます。

  • ヘルペスの潜伏期間について

    ヘルペスは口の周りにできるものが一般的に知られていますが、口の周りだけでなく性器にできるケースもあります。 ウイルスには1型と2型の2種類がありますが、1型は口の周りなどの上半身に症状が現れることが多く、2型は性器や下肢などの下半身に症状が現れる傾向にあります。 ヘルペスの病原体である単純ヘルペスウイルスは、感染力が強く一度かかってしまうと体内から完全に消滅することはできません。 症状が治まっても神経節に潜伏し、免疫力の低下した際などに再発を繰り返してしまいます。 そのため早期発見で適切な治療を行い、症状を悪化させないことが大切です。 再発を繰り返す場合は、その兆候を自覚しやすくなりますので再発の兆しが現れたらすぐに病院を受診するようにしましょう。 口唇ヘルペスは3~7日の潜伏期間を経て発症します。 初期症状として、口の周りにヒリヒリとした感じやピリピリとした不快感を感じます。 口の周りの違和感を感じて数時間から数日後には、赤みや水ぶくれの症状が見られます。 水ぶくれはかゆみや痛みをともない、やがては破れてかさぶたとなり2週間程度で症状は治まります。 口唇ヘルペスの初感染の場合は、大きめの水ぶくれが数か所できたり、発熱したり、顎の下のリンパが腫れたりすることもあります。 再発の場合は、その症状を察知できることも多くなり症状も軽く済む場合が多いです。 性器ヘルペスの原因は、ほとんどが性行為による感染です。 感染してから2~12日の潜伏期間を経て発症します。 性器やおしりの周辺に赤いブツブツや水ぶくれの症状が見られます。 初感染の場合は症状が重くなることが多く、強い痛みや発熱が見られることもあります。 適切な治療を受ければ1週間ほどで症状は治まります。 近年は性行為の低年齢化が進み、若年層での発症が増える傾向にあります。 また、女性の患者が男性より多く、特に20代の女性に多く見られるとされています。 性器ヘルペスも再発を繰り返す傾向にありますが、初感染の時に比べて症状が軽く済む場合が多いため症状を見逃してしまい、感染を広げてしまっていることもあります。 ヘルペスは潜伏期間中に感染することが多い 口唇ヘルペスは、10人に1人はかかったことのある馴染みのある病気です。 疲れやストレスが溜まると体の免疫力が低下し、唇の周りに赤みの症状が見られたり水ぶくれができたりします。 かゆみや痛みがあるのが特徴です。 また症状に気づかないでヘルペスウイルスに感染している人も多く、年齢が上がるとともに感染率も高くなるという報告があります。 60歳以上になると約半数の人が感染していますが、なかには症状が出ていても気づかない人もいるようです。 このように、自分の症状に気づかなかったり、症状が出る前の潜伏期間にヘルペスウイルスは他の人へと感染する場合が多く見られます。 口唇ヘルペスの病原体は、単純ヘルペスウイルスです。 このウイルスは、人間同士の接触で感染していきます。 唇や口の周りに水ぶくれなどの症状が出ていたり、症状が出る前の潜伏期間にキスや頬ずりをするとうつってしまう可能性が高くなります。 夫婦やパートナー、親子などの親しい間柄での感染がよく見られます。 健康な状態であればウイルスは侵入しにくいため簡単には感染しませんが、傷があったり、アトピーや湿疹など肌のトラブルを抱えた状態で接触すると感染しやすくなります。 また、性器や口など粘膜の部分に触れてしまうとウイルスが侵入することがあります。 単純ヘルペスウイルスの感染力は強いため、接触以外にもコップやタオルなどを介して感染してしまう場合も見られます。 特に、乳幼児への感染は注意をしなくてはなりません。 ヘルペスウイルスに初めて感染した場合には症状が出ないケースも多く、気づかないうちに乳幼児への頬ずりやキスでうつしてしまっていることもあるからです。 乳幼児ヘルペスは、母子感染することが多く、生後間もなく発熱や黄だん、呼吸障害などの症状が現れます。 重い後遺症が残ったり生命に危険が及ぶ場合もあるので注意が必要です。

  • ヘルペスの感染経路の紹介

    ヘルペスは感染症であり、人から人に感染します。 ではどの様な場面でどの様に感染するのでしょうか。 単純ヘルペスは非常に感染力が強いです。 水ぶくれといった症状が出ている時期には非常に多くのウィルスを排出している時期と言えます。 抵抗力・免疫力が低下している方がこの時期に接触すると感染する確率は非常に高いです。 その移る経路ですが口唇ヘルペスの場合は家族なら接触により移ります。 接触とは直に肌を合わせる事だけではなく、同じものを使用する様な場合も含みます。 家族ならタオルを介して移る場合が多いです。 症状が出ている場合、気になって患部に触れる行為を行ってしまいます。 その手でタオルを使用する事でタオルにウィルスが移り、家族が使用する事で皮膚の小さな傷口や粘膜組織から侵入します。 他にはお風呂も感染経路であり、同じ湯を使用する事で体内に侵入されます。 性器ヘルペス感染の主原因は性行為です。 粘膜組織から侵入するので性行為により簡単に体内に侵入します。 この際、キスといったオーラル行為でも口唇ヘルペスが移る事にもなります。 症状が出ている際にはこの様な行為や同一の品の使用は避けるべきであり、避けている方も多いです。 それでも感染する事もあります。 症状が出ている時は大量のウィルスを排出しているのでわかりますが、症状が出ていない時にもウィルスを保有している場合、性行為などにより感染する事はゼロではありません。 また自家感染と言う経路もあります。 これは自身で患部を触って、その手で他の部位を触る事で移るものです。 例えば口唇ヘルペスで症状が現れ、気になるので患部を触ってから目をこするといった行為で角膜ヘルペスになる場合もあります。 この逆も当然あり、患部は極力触らない様にしてすぐに手洗いを行う事が大切です。 ヘルペスには単純ヘルペスウィルスI型・II型がありますが、他には水疱瘡ウィルスという種類もあります。 誰もが1度は経験するものですが、子供に多いのは飛沫感染が経路になっているからです。 この様に粘膜や傷から体内に侵入する事で人に移り、経路としては直接触れるか間接的に接触した事で移るのです。 ヘルペスは体内に潜伏し続けていることもある ヘルペスウィルスの種類は8種類程あり、水ぶくれが現れる事が特徴です。 しかしもう1つ重大な特徴があります。 それは一度感染すると表面上は症状が治まっても体内に残ってしまう事です。 単純ヘルペスは特に感染力が強く、体内に潜伏し続ける特徴があります。 現在の医学ではこのウィルスを死滅させる治療方法は確立されていません。 潜伏している場所は頭部の三叉神経節であり、一度感染した人は潜伏状態を保持したまま生活している状態にあります。 日常生活に支障は特にありませんが、何らかの原因で抵抗力・免疫力が低下した場合に症状が再発します。 この免疫力が低下する要因としては風邪やストレス、過労等があげられます。 この様に体内でウィルスを保有している状態なので、性行為により知らない間にパートナーに移す事もあります。 移したからといって抵抗力や免疫力が高いと発症しません。 しかし上記の様に低下した場合に性器ヘルペスや口唇ヘルペスとして発症します。 現在日本では大半の方がウィルスを保有していると言われています。 その為ウィルスを持っている方との接触を避ける事は不可能と言えます。 しかし予防する方法はあります。 ウィルス保有者を避ける予防方法はありませんが、発症を抑える事は可能です。 免疫力・抵抗力の低下により表面に現れる事はわかっているので、発症させない様に生活習慣の乱れやストレスを抱える生活を改善する事が予防と言えます。 感染力は強い反面、弱いウィルスなので体内コントロールが可能です。 もしも再発したり初めて感染して症状が現れた場合も特別な治療はありません。 発熱や強い痛みがない場合は自然治癒可能です。 どうしても気になる場合はウィルスの活動を抑制する薬は医療機関で処方してもらえます。